【ホームページへ戻る】

各国の完全刑事責任年齢と少年および若年成人への最高刑一覧表



各国の完全刑事責任年齢と少年および若年成人への最高刑一覧表
国名完全刑事責任年齢若年成人に対する刑の緩和規定完全刑事責任年齢に達しない者への最高刑
ロシア18歳なし10年の有期刑
ドイツ21歳あり15年の有期刑
オーストリア21歳あり20年の有期刑
フランス18歳なし18年経過後に仮釈放の可能性のある無期刑
スウェーデン21歳あり18年の有期刑
ルーマニア18歳なし20年の有期刑
イギリス21歳あり30年経過後に仮釈放の可能性のある無期刑
アメリカ18歳なし仮釈放のない無期刑
台湾20歳なし18歳以上は死刑、18歳未満は25年経過後に仮釈放の可能性のある無期刑
中国18歳なし10年経過後に仮釈放の可能性のある無期刑
日本20歳なし18歳以上は死刑、18歳未満は10年経過後に仮釈放の可能性のある無期刑

※「若年成人」とは成人年齢を18歳としている国における成人年齢引き下げ前の未成年者(18歳以上21歳未満)。

※日本においては犯行時18歳以上20歳未満には死刑と無期刑の緩和は行われない(少年法51条)が、少年審判において保護処分(少年院送致、保護観察)を選択することができ、刑事裁判において有期刑が相当の場合には相対的不定期刑の採用と科刑制限がある(ただし、判決時に20歳未満であることが必要)。

§参照条文:ロシア刑法79条5項、ドイツ少年裁判所法106条1項、オーストリア刑法36条、フランス刑法132-23条、スウェーデン刑法29章7条2項、ルーマニア刑法55条1項、イギリス2003年量刑ガイドライン法附則21章等、台湾刑法77条、中国刑法81条、日本少年法2条・3条・20条・24条・51条・52条・55条。

[参照]
各国の刑法典

[関連]
1.各国の無期刑の仮釈放条件期間
2.各国の刑罰体系
3.無期懲役とは